トップ
母の夢
e0179874_0274350.jpg

数日前、私の夢に母が登場しました。

母は私の自宅2Fのベランダの手すりにひとり腰かけ
あたり一面は、まるで都会の屋上にいるかのような
夜景がキラキラと広がっていました。

私も母の横に座り、母の顔を覗きました。

ちょっぴり顔色が悪く、
あ、母は旅立ったんだ・・・ と確信・・・。

その後、大~きなお盆に
沢山の種類の小鉢にお料理をたくさん乗せて
私に出してくれました。

残念ながらそれ以降の記憶はありません。
もっと一緒に居たかったな。



e0179874_0265163.jpg


父のところにも、姉のところにも
主人のところにも、
そして最後に私のところにも来てくれたのかな。

どんなメッセージを伝えたかったんだろう。
心配してきてくれたのかな。
修行、疲れちゃったのかな。
おさぼりかな。

なーんてね。


e0179874_0263144.jpg

今日は母の四七日。

手作りしたなめらかプリン。

祭壇前のお膳の下に忍ばせ
「こっそり食べてね」とつぶやき、置いてきました。





[PR]
by home-cafe | 2015-02-06 00:46 | Diary* | Comments(2)
Commented by とのまさ at 2015-02-06 06:15 x
通りすがりでごめんなさい…。私も平成19年に母親を亡くした者です。がんでの闘病生活でした。
お母様への温かいお気持ちを拝見していると胸が熱くなり、ついコメントを。。。☆
日本には四季があり、7年経ちましたが季節ごとに思い出す日常と共に生きております。
お母様のご冥福をお祈りさせていただきます。。。
(関西出身ですが15年前に石垣島に嫁ぎ、パン教室をさせてもらっています。楽天ブログ「手ごねパン教室 KONEKONE」)
Commented by home-cafe at 2015-02-06 21:58
とのまささん

はじめまして。
通りすがりにお立ちより頂き、コメントまで恐縮です。
お母様の旅立ちから7年ですか・・
季節の思い出と共に心を支えられている部分もあるのですね。
母親という存在は本当に特別ですものね。
私もまだ思い出すたびに胸が締め付けられ、遠い昔の思いを蘇らせては
笑顔になり、涙もあり、まだ気持ちが忙しいようです。

ブログ拝見させて頂きますね。
<< 母のこと 月命日 久しぶりのパン作り。 >>